ランプの貴婦人は、一般の通所介護事業所では対応できない、医療的ケアを必要とする
中重度者の在宅生活の継続を支援するためにできた療養型の通所介護事業所です。

療養通所介護とは

要介護認定を受けていらっしゃる要介護1~5の方や、看護師による観察を常に必要とする難病、認知症、脳血管疾患後遺症などの中重度要介護者、がん末期患者の方を対象としたサービスで、ご利用者様が可能な限り、在宅生活を継続できるよう支援いたします。自宅にこもりきりによる孤立感の解消や、心身機能の維持回復だけでなく、ご家族の介護の負担軽減などを目的としています。
食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のために機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。

一般の通所介護事業所では対応できない中重度者の受け入れ

一般の通所介護事業所を利用できない原因としてあげられるのが、医療的ケアを必要とすることです。
重度要介護者や終末期医療患者が在宅に戻りたくてもご家族の支援だけでは困難で、だからといって一般の通所介護事業所でも受け入れが困難。そんな中で病院で最期を迎えるのではなく、在宅での最期を希望する方も少なくありません。
江別市は在宅死の受け入れ態勢が整っていなく、全国ワースト2位ということをご存知でしょうか?
ランプの貴婦人では、中重度者の受け入れ態勢を整えており、より細かなケアができるよう、ご利用者様1.5名に対して、スタッフを1名と手厚く人員を配置しています。

療養通所介護事業所の役割と、利用による効果

ランプの貴婦人では中重度者の在宅生活継続を支援する役割のほかに、ご家族の負担軽減の役割も担っています。介護に対する不安の相談もお気軽にご相談ください。その他、地域緩和ケアの拠点として、また、療養病床の再編に対するサービスの受け皿としての役割も担っています。

病院、訪問看護ステーションとの提携

ランプの貴婦人では、病院・訪問看護ステーションと提携しております。特に、事業所に併設している訪問看護ステーション「八重の看護」とは密に連携をとっており、介護・看護の切れ目のない提供が可能です。主治医とも連携を取っていますので、緊急時対応医療機関を設置することによって、安全性とサービスの質を確保しております。
日常生活の看護 医療的処理・管理
健康状態の観察、排泄・清潔のケア、床ずれの予防など 医療機器の管理、医師の指示による処置・管理など
介護者への支援 認知症、精神心理的看護
介護方法に関する相談、不安・ストレス・日常の健康に関する相談など 認知症や精神疾患のある方の看護、服薬管理、生活リズム調整など
医療法人 徳洲会
札幌徳洲会病院
医療法人 潤和会
札幌ひばりが丘病院
医療法人 友愛会
友愛記念病院
医療法人社団親寿会
池永クリニック